記事一覧

一般の方へ向けて認知神経リハビリテーションについての解説 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 脳卒中に特化したさいたま市浦和区のリハビリ施設

認知神経リハビリテーションとはどのようなものか?こんにちは!脳卒中リハビリルームです。当施設では認知神経リハビリテーションの考えに基づいてリハビリを行っております。あなたは認知神経リハビリテーションというものを聞いたことはありますか?多くの方が聞いたことがないと思います。認知神経リハビリテーションとは、数あるリハビリテーションの考え方の一つになります。認知神経リハビリテーション学会という組織があり...

続きを読む

タブレット‐認知神経リハビリの道具紹介‐脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区にある脳梗塞・脳出血など後遺症に特化した保険外リハビリ施設

道具の紹介‐タブレット‐認知神経リハビリテーション   認知神経リハビリテーションでは様々な道具を使用します。   今回はそのうちの一つ、タブレットを紹介いたします。   タブレットは以下のようなものになります。   形の似通ったパネルを使用したり、数字が書かれているものを使用したりします。  使用例としては、   ・タブレットがどのような形をしているか...

続きを読む

円軌道‐認知神経リハビリの道具紹介‐ 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリ施設

円軌道板のご紹介 認知神経リハビリテーションコップを取ろうとするとき、手を伸ばすと思います(リーチ動作)。すっとコップに手を伸ばせるはずです。しかし、脳梗塞や脳出血など脳卒中による片麻痺や運動機能障害があると話が変わってきます。手がぶれてしまう、いろんなところに力が入ってしまう、手が届かない、などなど困ったことが起こるかもしれません。認知神経リハビリでは道具を使用して、リーチ動作の改善をはかります。...

続きを読む

道具‐スポンジの使用例‐認知神経リハビリテーション 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

スポンジの使用方法 認知神経リハビリテーション   スポンジの硬さの違いを問いかければ接触情報の構築に役立ちそうです。    2つ使用して位置関係を問いかければ空間情報の構築にもなりそうです。スポンジがあるだけで臨床が広がります。 番号の違いは硬さの違いを表しています。   例えば、脳梗塞や脳出血など脳卒中の急性期の方であれば、背臥位の安定を考えることがあるかもしれ...

続きを読む

手指用のシーソー‐認知神経リハビリの道具紹介‐脳卒中リハビリルーム 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区にある保険外リハビリ施設

手指の操作機能今回は手指用のシーソーのご紹介。 これを利用することで、手指での重さの比較、それによる力の入れ加減の訓練が行えます。重さなんて簡単に分かるよ!このように思われる方がいるかもしれません。しかし、これには繊細な筋収縮の制御が求められます。例えば健常者の場合。水が入ったコップを手に取った時、何も考えなくてもコップの重さに合わせた手指の力加減が行えます。脳卒中などで運動機能に麻痺がある場...

続きを読む

脳はエネルギーを消費させないように動こうとするから考えることはしたくない 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 さいたま市浦和区 保険外リハビリ 自費リハビリ

脳と動作と習慣とはーい、こんにちは。脳卒中リハビリルームです。今回は脳は効率よく働こうとする(エネルギーの消費をおさえる)ということについてです。ポイントは3つ。1:脳はエネルギーの消費を抑えたい、効率をよくしたい。2:脳は考え事や新しいことを行うとエネルギーを多く消費する。3:エネルギーの消費を抑えたい、出来るからこの動きでいいかなと思い習慣化してしまう。一つずつ説明していきます。1:脳はエネルギ...

続きを読む

自分の身体の知っていてほしいこれだけの理由 脳梗塞の後遺症から骨折腰痛肩こりスポーツ障害まで 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区 自費リハビリ 保険外リハビリ

自分の身体は知っているようで知らないはーい、こんにちは!脳卒中リハビリルームです。今回は、あなたは身体を本当に知っているか、です。今までみてきた脳卒中の方や骨折後の方、腰痛や肩こり、スポーツ障害、サラリーマンなどなど、ほぼ全ての方が自分の本当の身体について分かっていませんでした。どのようなことかというと、身体の動きについてになります。例えば脳梗塞後遺症により片麻痺の方。麻痺側を自分で動かせる。なの...

続きを読む

靴底が減っていることでどのようなことを考えるか? 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 さいたま市浦和区 保険外リハビリ 自費リハビリ

靴底の減り具合から何が分かるか?こんにちは!脳卒中リハビリルームです。今回は靴底の減り具合からどのようなことを考えられるのかを書いてみました。靴は下記のものになります。ぱっとみてかなり履きこんでいる感じが分かります。というか、履きすぎですね。ご家族に聴くと、新しい靴を購入してもこの靴を履き続けていたということでした。この靴は主に踵側と前足部の中心から外にかけての部分が主に減っていることが分かります...

続きを読む

あなたの靴は今どうなっているか確認したことありますか? 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 さいたま市浦和区 保険外リハビリ 自費リハビリ

靴が歩きを左右するこんにちは!脳卒中リハビリルームです。今回は普段使用している靴について確認をしてみようという回になります。靴を確認する。これはすごく大事なことです。裸足で歩くのと靴を履いて歩くのとでは歩き方が変わります。なぜ変わるのか。それはいくつかの要素が関わってきます。・足首が固定できる・靴底があることで衝撃が吸収される 靴底があることで足裏の感触が変わる・足部の骨の配列(アーチ)が矯正される...

続きを読む

「ひっくり返りそうで怖い」脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 さいたま市 浦和区 保険外 自費リハビリ

この言葉は歩いているときに言ったわけではないこんにちは。脳卒中リハビリルームです。今回は臨床での一コマになります。あるとき利用者さんが、「ひっくり返りそうで怖い」と言いました。さて、この言葉はいつ言ったと思いますか。ぱっと思い浮かびそうなのは、階段を登る狭い道を渡る速足や走ろうとするなどかと思います。しかし、この言葉はそのようなときではありませんでした。「ひっくり返りそうで怖い」という言葉はプラッ...

続きを読む

お問い合わせ・アクセス

現在無料体験期間中!
無料でイタリア発祥のリハビリ、認知神経リハビリを受けられます。
詳しくはメール、またはお電話を。
相談・カウンセリング:無料
初回以降は30分5千円 1時間1万円

訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
現在モニター募集中。イタリア発祥の認知神経リハビリを無料で受けられます。詳しくはメールまたは電話で。身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です

2回目以降は30分5千円 1時間1万円


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

ブログランキング