FC2ブログ

記事一覧

プールで体が浮く感じがする方へ 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血などの自費リハビリ施設 脳卒中リハビリルームさいたま市浦和区

以前の職場では温泉プールがありました。プールが適応の方は、疾患は脳梗塞でも脳出血でも下肢骨折でも脊柱術後でも、医師が大丈夫と判断した方が入れます。そこに患者さんと一緒に入ることがあります。そこで気になったのが、院内の移動が自立されているような方でも、プール内で歩いているときに体が浮ているような感じがするということです。これは多くの方から言っていました。なぜ体が浮くような感じがするのか。このような方...

続きを読む

脳卒中になったから感覚障害になった?! 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる さいたま市浦和区の保険外リハビリ施設

こんにちは、脳卒中リハビリルームです。前回は考える段階をみていきました。今回はそれを脳卒中後遺症で行っていきます。 5回はなぜと問い続けてみる脳梗塞や脳出血など脳卒中になると、感覚障害が起こります。確かにそうです。様々な本にそう書かれています。なんですが、それで終わってしまうとの「脳卒中だからしょうがない」となってしまいます。他の後遺症に関してもです。手足が動きづらいのは脳卒中のせい、しびれて...

続きを読む

あなたはどこまで考えていますか 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる さいたま市浦和区の脳卒中専門リハビリ施設

こんにちは!脳卒中リハビリルームです。今日は「考える」ということについてになります。いつも考えているよ、という方もいると思いますが、どんな風に考えていくことが自分の身体にとって役に立つのか、私見を述べさせていただきます。あなたの考えるは何段階?先日のブログで、足を引きずるおじいちゃんを書きました。そこでは、その方の息子さんは、足を引きずっているから筋力が落ちているんだ、とおっしゃっていました。確か...

続きを読む

地域のいきいき健康相談より 身体が変われば世界が変わる 脳卒中リハビリルームさいたま市浦和区で脳梗塞・脳出血など脳卒中後遺症のリハビリを行っています

しびれや違和感か簡単に変化するこんにちは、脳卒中リハビリルームです。今回は埼玉県内の自治会による健康相談室にて、個別の相談に応じた2人の方をお話をしていきます。それではどうぞ! 1人目は手のしびれの方主訴は、右手第1、2指先端にしびれがあるとのことです。このしびれは日中常時あるということでした。4.5年前からしびれがあり、首の骨が神経を挟んでいてしびれがあると医師より説明されたとおっしゃっていました...

続きを読む

栄養のキホンと現場のホンネ リハビリ栄養のお話脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

リハビリテーション栄養というのが話題になっています こんにちは、脳卒中リハビリルームです。 今回は2018年9月12日に、第13回、地域リハビリテーション研修会―憩いーに参加してきましたので、ここに報告いたします。 タイトルは栄養のキホンと現場のホンネです。 講師は、春日部厚生病院、リハビリテーション部、管理栄養士、山崎珠絵先生です。 ここ!注目です。 所属がリハビリテーション部なんですよね。 自分はこのよ...

続きを読む

理学療法というものについて 脳卒中(脳出血・脳梗塞など)後の回復期病院へ入院後の生活

 理学療法ってなんだろう?マッサージ?ストレッチ?揉んでくれる人でしょ⁈ 日々熱中症対策に追われています。 こんにちは!脳卒中リハビリルームです。 今回は理学療法というものについてです。   回復期病棟に入院した脳卒中(脳出血・脳梗塞・頭部外傷など)患者は初日、あるいは入院2日目あたりからリハビリということで理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が介入します。    リハビリ初日はその方がどの程度、何が...

続きを読む

片麻痺・骨折患者に対して動作の反復練習についてどう思いますか 脳卒中(脳出血・脳梗塞など)後の回復期病院へ入院後のリハビリ

 動作練習を反復するのはいいですが、それは楽に行えていますか。辛そうな時はなぜ辛いのか考えてあげましょう。 参照:OTナガミネのリハビリイラスト集  こんばんは!脳卒中リハビリルームです。  今回は日常生活動作の反復練習についてです。  日常生活動作の反復練習とは、着替えを何度も繰り返して行う、移乗動作を何度も繰り返して行う、というものになります。動作を繰り返して行うことにより慣れていく、と...

続きを読む

レクリエーションってどんなことをするのだろう 主に回復期病棟について リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞など)後の回復期病院へ入院後の生活

 骨折でも片麻痺でもみんなで楽しく行える、そんなレクは患者もスタッフも全員が楽しくなる。 こんにちは!脳卒中リハビリルームです! 今回はレクリエーションについてです。   レクリエーションとは  主として自由時間に行われる自発的、創造的な人間活動をいう。楽しみとして行われるものである。  ブリタニカ国際大百科事典より  とのことです。  病院でのレクリエーションは上記とは多少異なり、スタッ...

続きを読む

どんなリハビリのスタッフがいいか リハビリの人が見る,脳卒中(脳梗塞・脳出血など)の発症直後2 

優秀なリハビリのスタッフってどんなのだろう?優秀なリハビリスタッフのポイント ・できるセラピストに当たるということは大変な幸運 ・どういうのができるセラピストなのか分かること  今回は、こんな理学療法士や作業療法士だったらステキな未来を描けるかも、というのを独断と偏見でお伝えします。  あくまでも自分の考えです。 ・身体について一緒に考えられる療法士 ・温熱療法や電気療法などをしているとき...

続きを読む

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)2回まで
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です



代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング