記事一覧

立ち上がるときは体を前に倒すだけでいいのか? 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 さいたま市浦和区 保険外リハビリ 自費リハビリ

立ち上がるということは足の裏に体重をのせるということはーい、こんにちは。今回は「立ち上がる」ということを患者さんからもセラピストからも、どちらの立場から見ても分かりやすく、そして立ちやすくみていきます。立ち上がる時、たいてい「体を前に倒して」と習うと思います。これだけでみなさん立つのが楽になりましたか。楽になった人もいると思いますし、楽にならなかった人もいると思います。正直、楽にならない方の方が多...

続きを読む

脳と緊張と起居動作 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリ施設

その腕,曲がっていますよ,そんなことない…あっほんとうだ!脳血管障害の患者さん。立ち上がり時に麻痺側上肢が曲がる方がいました(連合反応あるいは放散反応といわれる)。 そのことに対して聞いてみると、「気にしたこともなかった」他の人にも聞いてみたことがありますが、たいていの方はこのような感じです。立つことに意識が向くあまり、麻痺側に気が向かないのです。また、この方たちは歩行は自立しています。そして歩行...

続きを読む

ハズキルーペのきゃっ!ができるためには⁈ 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞・脳出血など脳卒中後のリハビリに特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリ施設

立ったり座ったりを素早く行うために先日のブログのコメントで、「ハズキルーペのきゃっ!」 ができるようにという目標を挙げられている方がいました。ステキな目標です^^病院や施設の目標もこのような気持ちがあるといいなと思います。歩けるレベルの人ならこの動作はすぐにでもできると自分は考えています。まずはこの動作を考えてみました。座ろうとした時に椅子の座面に何かあるということが分かり、とっさに立ち上がると...

続きを読む

立ち上がりについて臨床の一コマ 脳卒中(脳出血・脳梗塞・頭部外傷など)後の回復期病院へ入院後の生活

立ち上がりについて右変形性膝関節症の方の臨床から説明します  また暑い日が戻ってきましたね。 こんにちは脳卒中リハビリルームです。 今回は対話を通して立ち上がりを見ていきます。 相手に触れなくても姿勢や動作は変わっていきます。 それでどうぞ!  症例は、右変形性膝関節症と診断された70代、女性のAさん。   立ち上がり時に右膝前面の痛みを訴えます。痛みは立位後は消失します。  痛み:...

続きを読む

立ちあがりに必要なことは⁈ 臨床編4 リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞・頭部外傷など)後の回復期病院へ入院後の生活

 片麻痺や骨折の方は接触面に注意が向きづらい状況にあることが多いです。  昨日は虫に1時間で8か所刺されました。 こんにちは、脳卒中リハビリルームです^^  今回は立つ予定です。 それではどうぞ!  今回は前回より詳しくみていきます。  まずは臀部・大腿部から見ていきましょう。 立ち上がろうとした時に臀部から大腿部後面へ体重をかけることができていますか。 大腿部が椅子に接地していないときであれ...

続きを読む

片麻痺後・骨折後の立ち上がりでなぜお尻が持ち上がらない⁈ 臨床編3 リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞・頭部外傷など)後の回復期病院へ入院後の生活

 動作をみるだけでなく、相手の話を聞くのも大事。  今日はエアコンがなくても涼しいですね^^  脳卒中リハビリルームです。 前回は端座位の姿勢でした。 http://nounoreha.blog.fc2.com/blog-entry-34.html  今回こそは立ち上がりです。 今日こそは立ち上がれるのか⁈ それでは立ち上がってみましょう!   まず立ち上がりを声掛けからみていきます。  筆者が働き始めた20年近く前は、立ち上がりの時の...

続きを読む

立ち上がりのための端座位をみていく 臨床編2 リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞・頭部外傷など)後の回復期病院へ入院後の生活

 立ち上がりといいながら端座位…片麻痺や骨折後はスタート地点で躓いています。  風があっても暑いものは暑い!  こんにちは!脳卒中リハビリルームです! 今回は立ち上がりのための端座位編です。 出発姿勢は大変大事です。それを見ていくことで立ち上がり方を予測できると思います。 それではみていきましょう!前回はこちらを参照してもらえれば幸いです。http://nounoreha.blog.fc2.com/blog-entry-33.html ...

続きを読む

立ち上がり 片麻痺・骨折後の方たちを視るセラピストへ リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞など)後の回復期病院へ入院後の生活

立ち上がるときの声掛けは大事です。声掛けだけで身体の動きや痛みが変わります。   毎日毎日暑い日が続きますね。 脳卒中リハビリルームです。  今回から新章に突入します! そう、立ち上がり編です。 それでは立ち上がってみましょう!! (端座位の姿勢から立位になるという設定です)  脳卒中後の方は寝返りや起き上がりと同様に何かにつかまる、または座面に手を当てて立ち上がるのをよく目にします。  ...

続きを読む

つっぱってしまう人 臨床より 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞・脳出血など脳卒中後遺症に特化したさいたま市浦和区にある保険外リハビリ施設

立ち上がり時のつっぱりつっぱってしまうのは、力を入れなければその動作が行えない、または倒れてしまうと本人は考えているからです。突っ張って行おうとするときは重心の位置はほとんど変わりません。脳は動きにおいても効率化を図ろうとします。効率的にということは動きをワンパターン化させることです。ある程度できるものは、できるからこれでいいかな、と思ってしまいます。健常な人で考えると、箸の操作や字を書くというこ...

続きを読む

お問い合わせ・アクセス

現在無料体験期間中!
無料でイタリア発祥のリハビリ、認知神経リハビリを受けられます。
詳しくはメール、またはお電話を。
相談・カウンセリング:無料
初回以降は30分5千円 1時間1万円

訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
現在モニター募集中。イタリア発祥の認知神経リハビリを無料で受けられます。詳しくはメールまたは電話で。身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です

2回目以降は30分5千円 1時間1万円


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログランキング