FC2ブログ

記事一覧

テーマ「麻痺を治す訓練の構築」中里瑠美子 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中のリハビリに特化したさいたま市浦和区の脳卒中専門リハビリ施設

麻痺を治す訓練の構築去る12月7日に新宿区在宅リハビリテーション研修会において、「痙性を克服する訓練の提案~代償運動ではなく麻痺を治してADLを拡大しよう~」というテーマの勉強会に参加してきたので報告します。講師は東京女子医科大学 東医療センター 作業療法士の中里瑠美子先生。認知新家リハビリテーション学会の理事も務めています。ポイントを箇条書きにしてみました。・片麻痺の状態で生きるということは、それは単な...

続きを読む

作業管理と認知神経リハビリテーション学会のコース 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

12月2、3日に九段下にあるイタリア文化会館で認知神経リハビリテーション学会アドバンスコースに参加してきました。最近、作業管理の重要性を学んでいるので、それを踏まえてコースの設定がどうなのかを検討しました。まず時間。一コマが90分から120分弱。作業時間と休憩の観点からは、30分に5分休憩60分に10分休憩あたりがよいとされています。高校の授業時間と同じぐらいでしょうか。そこからみると一コマが長いです。コース中...

続きを読む

作業管理と片麻痺と 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる さいたま市浦和区の保険外リハビリ施設

11月10日に作業管理士の研修会に参加してきました。そこでの腰痛と作業管理という講義をまとめてみました。 腰痛や肩こりなど、筋骨格系にかかる医療費は年々増加し、循環器疾患、がんについで3位。2016年度で2兆3326億円かかっているとのことです。腰痛や肩こりなどはアンケートより男女ともに悩みの種となっており、労働生産性を阻害する疾患の2位になっています。1位はアレルギー。身体機能と仕事による負担や疲労のバラン...

続きを読む

その当たり前は誰の当り前ですか? 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる さいたま市浦和区にある保険外リハビリ施設

11月10日は作業管理士研修へ。その時の、看護大学教授の講義。この教授は工学部出身で、看護師の作業姿勢についてなんでだろうと疑問に思っていたそうです。ここで取り上げられたのが乳児の沐浴槽。 辛そうな姿勢で乳児を入れているなと思ったそうです。そこでなぜ沐浴槽がこの高さなのか調べたところ、1975年の女性の平均身長に合わせた高さだったとのことです!その当時の平均身長は153㎝。現在の平均身長は160㎝。この身...

続きを読む

高次脳機能障害と理学療法 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

高次脳機能障害と理学療法 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血などこんにちは、脳卒中リハビリルームです。今回は3コマ目。テーマは高次脳機能障害と理学療法です。高次脳機能障害があるとなかなかリハビリが思うように進まないかもしれません。それに対してどのように考えることができるのか。それがこのコマで分かるのか。どうでしょうか。文章だけでは分かりづらいと思います。傍らに脳の模型や本を置いてお読みいただけたら幸いで...

続きを読む

脳卒中の基礎と臨床 回復期の理学療法 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)の基礎と臨床 回復期の理学療法こんにちは!脳卒中リハビリルームです。先日、日本理学療法士協会主催の脳卒中の研修会に参加しました。今回は2コマ目になります。数百人が参加するというなかなかの規模の研修会!眠気の中がんばってきたこの思いを受け取ってください!! 理学療法評価指標について-全体的なところ-SIAS・NIHSS・FMA・SIS・JSSは脳卒中ガイドラインの推奨グレードAIC...

続きを読む

脳卒中の研修会に参加して 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

日本理学療法士協会の脳卒中研修会のまとめもっしー、脳卒中リハビリルームです。2018年9月末日に行われた協会主催の脳卒中研修会に参加しました。数百名の理学療法士が集まる中、知り合いが全くいないというぼっちの自分。その分、研修に集中できました。以下、まとめになります。 脳卒中急性期・早期の理学療法脳卒中リハビリの流れ・急性期・回復期・維持期にわたり一貫したリハビリを行うことが進められるが、時期の区分...

続きを読む

脳卒中フェスティバルスポーツ体験・装具体験会への参加! 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

脳フェス主催!脳卒中フェスティバルスポーツ体験・装具体験会へ参加の巻  こんにちは、脳卒中リハビリルームです。 先日9月24日に東京都障害者総合スポーツセンターで行われた脳卒中フェスティバルスポーツ体験・装具相談会へ参加してきましたので報告いたします。 参加者は自分以外は脳卒中の後遺症による片麻痺など、運動機能に障害が残る方がほとんどでした。人数は自分を入れて20名ほど。まずはスポーツ体験から!スポ...

続きを読む

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)2回まで
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です



代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング