記事一覧

作業管理と片麻痺と 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる さいたま市浦和区の保険外リハビリ施設

11月10日に作業管理士の研修会に参加してきました。

そこでの腰痛と作業管理という講義をまとめてみました。
business-people-1572059_640.jpg 

腰痛や肩こりなど、筋骨格系にかかる医療費は年々増加し、循環器疾患、がんについで3位。

2016年度で2兆3326億円かかっているとのことです。

腰痛や肩こりなどはアンケートより男女ともに悩みの種となっており、労働生産性を阻害する疾患の2位になっています。1位はアレルギー。

身体機能と仕事による負担や疲労のバランスが崩れると労災や疾病が発生しやすく、働き方の管理が悪いと負のスパイラルに陥ることもあります。

作業管理に必要な基礎知識として、

・仕事(作業)をみる力 IE インダストリアル エンジニアリング

・改善する力 人間工学

・ヒト(健康)を見る力 労働衛生

などが必要となってきます。

考え方として、

科学的接近法とECRSの原則を適応して行う方法が取り上げられました。


科学的接近法は、目標ー計画ー分析ー着想ー判断ー立案ー検討ー試行ー実施からなるPlan-Do-Seeサイクルとういうもの。

ECRSは、
Eliminate:排除→その業務をなくすことはできるか。

Combine:結合→業務をまとめて一緒にできないか。

Rearrange:交換→作業の順序を入れ替えて、効率的にできないか。

Simplify:簡素化→省略したやり方で、同じ結果を出せないか。

この時に生産効率も考えることが重要になってくるとのことです。


事例ではリンゴ農家、保育園、製造業が取り上げられ、作業はどのような姿勢で構成されるのか、30秒ごとにどのような姿勢になっているか、現場の環境はどうなのかを見ていきました。
OWAS法の紹介もあり。

大事なこととして、効率を取るのか、負担を取るのかという問題があります。

どちらも気にかけなければいけないことですが、大切にしていくことは人と作業のマッチングということになります。
どちらかに傾いてもいけないということです。


題名の片麻痺。

障害者雇用が世間で騒がれています。

法的にもそうですが、職場環境は片麻痺者の働きやすいものとなっているのでしょうか。

机や椅子の高さ、廊下や通り道の幅、部屋の広さなど環境面の整備が必要となってきます。
また勤務時間もそうです。

夜勤の連続や、連日の出勤など、合法でも身体への負担は積み重なるかもしれません。


これらは障害者のため、とうたうと逆に障害者の負担になるかもしれません(バリアフリーなど)。

誰もが働きやすい環境を。そんな作業管理ができればと思います。
ユニバーサルデザインですね。


最後に2018年12月には海上保安庁での作業実務管理講習があるとのことで、大変気になっています。
なかなか入れないところなので行ってみようかと検討中。

今回は以上です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

現在無料体験期間中!
無料でイタリア発祥のリハビリ、認知神経リハビリを受けられます。
詳しくはメール、またはお電話を。
相談・カウンセリング:無料
初回以降は30分5千円 1時間1万円

訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
現在モニター募集中。イタリア発祥の認知神経リハビリを無料で受けられます。詳しくはメールまたは電話で。身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です

2回目以降は30分5千円 1時間1万円


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング