FC2ブログ

記事一覧

FIMこぼれ話 とあるお医者さんからの情報 リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞など)後の回復期病院へ入院後の生活

 アメリカでFIMはつくられましたが、保険屋さんを惑わすためにつくられたというお話。


 金と命

 毎日暑い日が続いてますが、お体大丈夫ですか。

 こんにちは、脳卒中リハビリルームです!

 今回はFIM(機能的自立評価法)のこぼれ話をします。




 これはとある講演で、FIMを日本に輸入した医師と知り合いの方が話されていました。


 FIMはアメリカで生み出されたものです。


 FIMが生み出された理由はアメリカの保険にあるそうです。


 日本では公的な保険制度への加入の義務があります。


 アメリカでは個人、または勤務先を通じて、民間の保険会社に加入します。


 それにより、医療費が高額になることが多いようです。


 詳しくは下記のいずれかを参照。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%88%B6%E5%BA%A6&oq=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%88%B6%E5%BA%A6&aqs=chrome..69i57j0l5.4685j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8


 

 FIMを採点するのはかなり大変です。


 それだけで勉強会がいくつも開かれるぐらいです。


 なぜそのような面倒な採点方法をとる必要があったのか。


 1980年代、アメリカでは保険の支払いが年々厳しくなっていました。


 それに対して病院側はリハビリをすることによって症状が改善されることを保険会社に示す必要がでてきました。


 その客観的な指標としてFIMが受け入れられたということです。


 そう、FIMは病院側が保険会社に対してのためにつくられたものです。


 以前からあったものよりも項目や段階を細かくして、少しでも良くなっているということを示すためのものです。そうしなければ保険会社はお金を出してくれなかったということです。



 他の日常生活動作を検査する方法としてバーサルインデックスというものがあります。


 これは10項目を3段階で表すものです。


 ぱっと見て分かりやすい表になっています。


 また、FIMと比較したときにチェックする項目がすくないため短時間で済みます。


 FIMは慣れないとチェックするのに時間がかかります。


 先ほども述べたように、FIMだけでセミナーが開かれているぐらい分かりづらいものです。


 そのような緻密なものだから、日本人の性に合ったのでしょう。


 最後に先生はこう言われたそうです。


 「日本に紹介しなければよかった」


 この医師がいなければ、回復期病棟の実績というものも変わったものになったのでしょうね。


 

 信じるか信じないかはあなた次第です。

sekiaki.jpg 


 脳卒中リハビリルームでした。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)
それ以降は2か月16回か2か月8回の選択制
2か月8回78,000円
他メニューあり
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログランキング