記事一覧

インド2日目 午前中はリハビリ施設へ交渉同行 フィジオセラピストがインドへ行ってきた! 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区 脳梗塞 脳出血

2日目の午前中にSpectrum Physio Centreへ


インド2日目。

朝はバイキング形式で始まりました。
IMG_4288.jpg 
ひとまず、赤いのは辛いです。

緑のものとかは何が何だか分からないものでした。

ソース状のものはお米やパンみたいなものにつけて食べるものになります。

基本、米やパンみたいなものは味はないです。

あと、生ものはないです。

生サラダはありません。

野菜は炒めたりされています。

コーヒーは頼めばもらえます。

ここで大事なことが!

ブラックコーヒーは念入りに砂糖・ミルク抜きを言わないと来ないです!

コーヒーと頼むと砂糖とミルクを日本人からみたらこれでもかというほど入れてきます。

マックスコーヒーなんてこれからみたら甘ちゃんです。


インドは甘々を好みます。

世界一甘い食べ物はインドのグラブジャムンというものらしい。最近TVで見ました……。
世界のデザート~世界一甘いお菓子とは? それはインドの「グラブジャムン」砂糖水が噛んだら溢れ出るとか。

食後、訪問先であるSpectrum Physio Centreへ。


こちらはSITA病院内にある、リハビリ施設です。
IMG_4001 (1) 
IMG_4004 (1) 

インドではダイレクトアクセスが可能であり、理学療法士の開業が認められています。

こちらの施設は病院の敷地内で開業しています。

Spectrumはチェーン展開しており、バンガロール市内に10を超える施設があります。

そこの代表であるDr.Dhanajeyanさんの元へ、ジースポートの商品である「ゆがみーる」の交渉とのことです。https://www.gsport.co.jp/yugamiru/

自分は社長のかばん持ちとして同行しました。

もう1名、現地スタッフであるアダシさん。
IMG_4005 (1) 

少しお話をしてから、ゆがみーるの体験へ。
IMG_4007 (1) IMG_4011 (1)

Dr.Dhanajeyanさんはバンガロールの理学療法士協会?の会長らしく、また全インドでの発言権もかなりあると、本人より。

ゆがみーるは姿勢を数値化できます。

それをセラピストが参考にするのはもちろんですが、患者とのコミュニケーションツールとしての役割もあります。

数値化することで、現状が把握しやすくなり、介入することによる効果が分かりやすくなる利点があります。

Dr.Dhanajeyanさんはこちらの商品に対して大変乗り気なようにみえたので、今後バンガロールでもゆがみーるでの測定が行えるようになるかもしれません。

1つ目の訪問はこれで終了。

もう1つの訪問は次の記事を予定しています。


インドのリハビリの料金コーナー


こちらSpectrumのリハビリ料金のご紹介です。

インドでは理学療法士がコンサルタントも行います。診察みたいな感じだと思ってもらえれば。

Dr.Dhanajeyanさんのコンサル料は、なんと500ルピー!!


30分でのお値段だと思います。


日本と物価の違いはありますが、大変リーズナブルですね。


また、リハビリのお値段は体の部位によって異なるようです。


首だと30分400ルピー。


膝だと30分500ルピー。


スポーツ現場への出張は5000-15000ルピー。


訪問リハも行っているようで、30分630-900ルピー。


Dr.Dhanajeyanさんにコンサルを行ってもらい、首のリハを受けると、


500+400=900ルピー。

マシーンでのトレーニング料金もかかることがあるらしいので、それが300ルピーぐらい。


全部で1時間、1200ルピー程度でしょうか。


現在(2019/3/29)の為替相場では1ルピーは1.6円程度。


だいたい2000円ぐらいです。


まぁ、こんなものかなと思うかもしれませんね。


インドは伸びている国だから。


自分も行ってみるまではそう思っていました。


でも、そこは発展途上国。


収入格差がかなりあります。


学歴のない人の月の収入が約4000ルピー。


学歴があって大企業のITエンジニアで月に約35000ルピー。

詳しくは下記を参照。

https://ameblo.jp/kei0719/entry-10240705328.html


これを見た後で、上記の価格を見てみるとリハビリはちょっと高いかなと。


実際、リハビリに来る方は車での送迎がある人とのことでした。


ちょっとした富裕層ですね。


以上、リハビリ料金紹介コーナーでした。


明日は午後の訪問先を記事にする予定です。














関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

現在無料体験期間中!
無料でイタリア発祥のリハビリ、認知神経リハビリを受けられます。
詳しくはメール、またはお電話を。
相談・カウンセリング:無料
初回以降は30分5千円 1時間1万円

訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
現在モニター募集中。イタリア発祥の認知神経リハビリを無料で受けられます。詳しくはメールまたは電話で。身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です

2回目以降は30分5千円 1時間1万円


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング