FC2ブログ

記事一覧

寝返りの臨床2 生活環境とその後 リハビリスタッフがみる,脳卒中(脳出血・脳梗塞など)後の回復期病院へ入院後の生活

慣れた動作は、それが効率が悪くてもずーっと続く。というお話。


寝返り2

 こんにちは!脳卒中リハビリルームです。


 今回は前回に引き続き寝返りをお送りします。

 

 前回の寝返りはこちらからどうぞ。

http://nounoreha.blog.fc2.com/blog-entry-25.html


 


 前回は、寝返りを乳児と脳卒中(脳出血・脳梗塞)後の患者の動きをみていきました。


 今回はこの違いがどのように今後の生活に与えるかを脳卒中患者を中心にみていきます。


 まずは環境の違いからです。

 

 たいていの乳児には柵のようなつかまるものはないかもしれません。


 脳卒中(脳出血・脳梗塞)後の患者には柵があります。


 ベッドのマットレスは急性期病院ほど家庭のものは柔らかくないかもしれません。


 乳児はベッド以外のところにも居る場合があります。


 脳卒中患者はベッドにいることがほとんどです。


 これらからは、どこに、どの程度の時間居るのかによって環境に対して自分の身体の使い方が変わるのかもしれない、ということが考えられてもいいのかなと。 


 乳児はさまざまな場所、床のようなところからベビーベッドのようなところで自分の身体、背部とベッドの関係を四肢を用いて、身体とベッドとの関係を調整するようにすることで寝返りがうてるようになります。


 脳卒中(脳出血・脳梗塞)後の患者は、柵を握る手とベッドを押す足部で寝返りを行います。

 そしてほとんどが同じ場所で行われます。


 このような違いからこの後の生活動作はどのようになっていくでしょう。


 乳児はここから寝返りの仕方が洗練されていきます。発達の関係もありますし、環境の違いもあるかもしれません。また多様な寝返りがうてるようになります。上半身だけで、下半身だけでなどその場に合わせた、または体に合わせた寝返りができるようになっていきます。


 脳卒中(脳出血・脳梗塞)後の患者は、この寝返りから成長はありません。

 

 ほとんどがこの寝返りのまま病院を転院し、退院していきます。


 自分で寝返りがうてるからいいじゃないか、と思われるかもしれません。


 ですが、柵がないとできない、何かつかまるものがないとできないということになりかねません。


 柵がない場合ならベッド端などをつかんで行おうとします。


 また、たいていは全力で握り、引っ張ります。


 このような形で行っていると、動くときは力を入れるべきだ、という感じになってしまう方が多くいます。起き上がるときや立ち上がる時などです。


 これでは動作時のエネルギー効率が悪いと思いませんか。


 そして、寝返り以外でも手を使う、足部で押すという形になりやすいです。

起き上がりや立ち上がりなどがこれに当てはまります。


 上記の動きでも、それに慣れてくると案外スムーズに動けます。


 それでも、その動き方はいいとは思いません。


 それは次回で説明します。


 まだまだ寝返りは続きます^^;

 脳卒中リハビリルームでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)
それ以降は2か月16回か2か月8回の選択制
2か月8回78,000円
他メニューあり
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログランキング