記事一覧

インソールも色々あるよ~SPORTECでインソール~ 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 さいたま市浦和区 保険外リハビリ 自費リハビリ

各社のインソールの違いは?


インソールについて、4つの商品を紹介します。

まずは、入谷式足底板。


IMG_6412.jpg

接骨院の方がブースを入谷式足底板で登録して宣伝していました。
IMG_6559.jpg

入谷式は理学療法士の入谷誠先生が考えられたインソールの考え方になります。

同じ患者であっても違うセラピストが作成すると完成したインソールの形状はおうおうにして違うものになります。

そこにはセラピストが歩行の、体のどこに問題があり、どのようにしてよりよい歩行や体にしていくかの思考過程があるところでは一緒でもあるところでは違うことによります。

経験によっても異なります。

なので誰が作製するかで効果は大きく変わります。


次はBMZ。

IMG_6558.jpg

基本的なコンセプトは立方骨を押し上げる、というものになっています。

目新しかったのは、インソールで足底を温めるというもの。

足の温度が10度下がると、バランス能力が12%下がるとチラシではある。

ほんとかどうかは定かではないが、雪山でのスポーツや、冬のスポーツやトレーニングにこれがあったらより充実した練習ができるかもしれないですね。

足の測定方法はマシーンで行います。
IMG_6441.jpgIMG_6442.jpg

このようなマシーンは、今はイオンなどの靴屋さんに行けばどこでもあります。

ですが、クリニックや病院でこのようなマシーンを使用しての測定は少ないかもしれません。

人の目によるところも大事、マシーンでの測定も大事。

いいものはどのような業界でも広まるといいですね。

あと、BMZのブースではインソールをもらえました。物がもらえるとお得感があります。
IMG_6560.jpg

次はLOFEのロフェアーチサポート。

IMG_6435.jpg

人生が変わると言い切れる、なかなかの商品のようです。

IMG_6434.jpg

IMG_6433.jpg

どのようになったのか、試した人がシールを貼っていくようになっていました。

ネガティブ欄がないというデザインが秀逸です。


最後に村井株式会社のインソール。

IMG_6451.jpg

IMG_6450.jpg

ここのブースは唯一論文が置いてありました。

新潟医療福祉大学義肢装具自立支援学科の阿部薫先生によるものです。

村井(株)では阿部先生と協力してインソールを作製しているようです。


入谷式以外の3社の基本的なコンセプトは、

インソールを入れることで足部のアライメントを矯正する

ものです。

そして、入谷式は手作業

他の会社は既製品と機械によるオーダーメイド

そこら辺をどのように感じるかは人それぞれですが、いくつかのインソールを試してみて、そこから自分に合うものを選択できるといいですね。


色々書いてきましたが、どれもいい商品だと思います。

インソールなどは、いくら客観的によくみえても、装着している本人がどう思うかが重要です。

なかなか1か所のお店ではいくつも商品が置いていないことが多いので、このような展示会で自分に合ったインソールを見つけらるといいかもしれません。

このSPORTECという展示会、事前登録をすれば無料で入場できます。

次回は来年になると思いますが、覚えておいて損はないはず。

以上、脳卒中リハビリルームのインソール紹介コーナーでした。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

現在無料体験期間中!
無料でイタリア発祥のリハビリ、認知神経リハビリを受けられます。
詳しくはメール、またはお電話を。
相談・カウンセリング:無料
初回以降は30分5千円 1時間1万円

訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
現在モニター募集中。イタリア発祥の認知神経リハビリを無料で受けられます。詳しくはメールまたは電話で。身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です

2回目以降は30分5千円 1時間1万円


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブログランキング