FC2ブログ

記事一覧

脳卒中リハビリルームでの臨床の流れ さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

自分のリハビリ・臨床について 脳卒中でも整形でも


 脳卒中リハビリルームです。


 今回は臨床で行っていることを大まかにまとめてみました。

 

 まとめてみると案外量が少なかったです>△<


 外来で、初めてリハビリ介入する患者を想定しています。

112527.jpg 


1:情報を集める。書類からやリハビリテーション室への入室の様子など。


 初めて相対したときにどのような雰囲気かをみていきます。


 どのようにリハビリ室にきたのか、車いす?歩き?

 

 来た時の雰囲気、全身像から表情、上下肢体幹の様子から考えられる状態をいくつか挙げておきます。服装や靴などもチェックします。


2:お話をします。本人の状態について、リハビリテーションをどう思っているかも。


 今、どのような状態か本人が話せるようなら聞きます。


 気になるところはどこなのか、それはいつからなのか。強弱、日内変動、他の部位はどうなのか、既往歴はあるのか。それによって生活に変わりはあるのか、などを聴いていきます。


 整形疾患であれば痛みについてが多いと思われるので、目標としてはそれが消失したら何をしたいかを聞き取りします。


 脳卒中(脳梗塞や脳出血)後であれば具体的な目標を決めます。手が軽くなる、もっと歩ける、という目標よりは、料理がしたい、そのためには野菜を抑えられるようにや、歩いてスーパーに行けるようになど。


 この時、どこを見て話しているか、表情に変化はあどうか、しゃべりっぱなしか、姿勢はどうかなども見ていきます。言葉の使い方は自分のことのように語っているか、他人事にようにかもみます。特長的な表現はあるかなども気に掛けます。


3:検査です。 


 上記から問題点を抽出し、それに合わせた検査を行います。


 整形であれば、疼痛誘発動作から疼痛のない動作を行えるかみていきます。もちろん必要な清家外科的検査を行っていきます。


 脳卒中(脳梗塞や脳出血など)後であれば、注意なら向け方、分散、量、持続などみていきます。質問に対する受け答えから記憶や判断、言語の使い方、感覚の検査からそれらと運動イメージが使えるかみていきます。

頭頂葉、側頭葉、後頭葉のバランスなどを考えて、それらでより働きがよさそうなところはどこかみていきます。


4:検査の続き


 検査から差異が見いだせそうなところをアプローチをしてみます。ポジティブな反応が引き出せることを中心に行っていきます。楽しい方がいいですよね。


 行為が行えるようになることが大事なので、実際の場面を想定させたり、道具を使ってみることもあります。


 患者本人が困っている感じみられたり、難しい思われる課題は無理強いはしない方針です。それは自分の判断が間違っていたと考え、違うことを行っていきます。


 自分は全て検査ととらえ、検査を行っていく過程でよい反応がでてきたらその検査をアプローチとして行っていくというように考えています。 


 1-4を通して、患者が楽にできそうな気がする、楽にできた、というようになればいいですよね。


 変化がなければ、2-3-4を修正していきます。


 三人称的によくなったようにみえても、本人がそれを感じることができていなければ、どこかにエラーがあったと考えます。


 主観でよくなったと分かりやすいように、数値で表せるようなものは数値で表します。歩行スピードや歩幅などです。


 とにかくよくなっているということは積極的に伝えていきます。


 以上です。

 

 気になる項目があればコメントまでお願いします。


 ご意見ご感想もよろしくお願いいたします。


 脳卒中リハビリルームでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)
それ以降は2か月16回か2か月8回の選択制
2か月8回78,000円
他メニューあり
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログランキング