FC2ブログ

記事一覧

大越友博先生の症例発表 プレ人間再生研究会 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

プレ人間再生研究会「視覚に生じた症例」

芳賀赤十字病院 大越友博先生


もっしー、脳卒中リハビリルームです。

今回も先日行われたプレ人間再生研究会での症例発表まとめをお送りします。

それではどうぞ。



視覚に生じた症例の思い出 同名半盲 充填


 車いす駆動でよく左側のものにぶつかる・・・・・・


 左手を左視野へ誘導してどう見えるか聞いてみた。


 「ああ指がなくなる」


 手を左に持っていかれると手がなくなると驚かれた。

 

 左には何が見えているのですかと尋ねると、


 「壁や廊下が写っています(充填)。だから見えていると思っていましたが、見えていないのですね。だから車いすがが突然左のものにぶつかるんだ」


 その後注意深く左側をみるようになり、ぶつかることはなくなった。


同名半盲について


 視野の左側、あるいは右側が見えない状態のこと。


 欠けている視野と反対側の脳の視覚をつかさどるところ(大脳皮質視覚野、視放線など)が脳梗塞や脳出血などで障害されるとこの症状が生じる。


 同名半盲は、急性期の脳卒中(脳梗塞や脳出血など)患者の2割ほどに認められる。

発症後ある程度回復し、主な回復は最初の1か月ぐらいに生じる。



視野障害:半盲など視野障害に気づけない理由


1.中心部以外ではほとんど物を見ていない


 実際にモノが読めるぐらいの高解像度は中心部の領域のみである。


 試しに片眼をつぶり、目を全く動かさずに文章を読めるでしょうか。


 文字を読む(=物を見る)という行為は、眼球が常に動いて世界をスキャンすることで初めて成り立つ。


 従って、中心部のこの領域にまで病気が進行するまで「視野が欠けている」ことに気づくことは難しく、気が付いた時には多くが手遅れである。


2:見えない場所が暗く見えるわけではない

 充填:緑内障などではしられているが、脳腫瘍や脳卒中(脳梗塞や脳出血など)でも起こる


 症例;脳腫瘍摘出術後の視覚障害例


 見えていない部分は「真っ黒」になっているわけではありません。単に見えないだけです。みなさんも頭の真後ろは真っ黒になっているわけではありませんよね。それと同じで、単に視界の外になってしまいます。ただ、やっかいなことに、脳には「見えない部分を勝手に補完する」という機能があるため、見えていない領域も、それ以外の見えている領域の映像から類推して、勝手に背景映像を作り出してしまいます。脳が空白を嫌って勝手に映像を補完してしまうのです。だから自分としては視野全体が見えていると勘違いしてしまうのですが、でも実際は見えていないのものにぶつかってしまいます。

出典;オーシャンブリッジ高山のブログ


オーシャンブリッジ高山視野 


オーシャンブリッジ高山視野2 


 このマップの赤い部分が見えていない範囲です。


 普段の生活では、上よりも下を見て生活をしています。障害物の多くは自分の正面より下にあるためです。ですから左下が見えないというのは、当初思っていたよりも不便なものです。



症例:頚椎症性脊髄症術後


 2018年、当院入院。左手握力低下あり。


 術前評価:基本動作、歩行可能。腰痛あり。


 知覚は左手関節より末梢に痺れがあり、特に2-5指間に物が挟まっているような違和感がある。


 MMT2-5指の内転外転屈曲3+


 握力は19/13kg(/)


 既往として、貧血、下垂体線種術後(視力障害なし)


 入院後、椎弓形成術施行、翌日よりリハビリ開始。創部痛が強く、起居動作困難、端座位になるまで数日を要した。左手関節から末梢の痺れは改善した。

頚椎装具 (2) 


 術後7日後にはベッド柵を使用して起居、端座位、立ち上がりが可能となり、近距離はサークル型歩行器歩行が見守りで可能となる。独歩は恐怖感があり困難。


 本症例では歩行時に目を大きく見開いており、眼球運動は少なくじっと凝視する傾向があった。そのため、視野で1m程度前方の目標物を注視しながら、手を平泳ぎ様に周辺視野でとらえるex.を試行したところ、直後に独歩見守りで行えた。


 周辺視野からの静的な情報が姿勢制御系に重要な役割を果たすと言われており、視機能のトレーニング(周辺視からの情報、特に水平に関する視覚情報の受容精度)がバランス機能の改善に有効という知見もある。


 数か月後、外来診療時に見かけたとき、頸部の回旋は30度程度であった。


 僧帽筋・肩甲挙筋を手で少し伸張後に、先に眼球運動を誘導すると反対側への頸部回旋が改善し、左右50度まで可能となった。


 頚椎運動と眼球運動の協調性が装具固定及び頸部の術後疼痛により制限されていたようだ。



 ここらで前半戦終了となります。


 次回に後半戦をお伝えします。


 脳卒中リハビリルームでした。

 最後までお読みいただきありがとうございました。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)
それ以降は2か月16回か2か月8回の選択制
2か月8回78,000円
他メニューあり
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログランキング