FC2ブログ

記事一覧

自分の考えるよりよい寝返りの仕方 片麻痺・骨折後の臨床において 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

脳卒中後の片麻痺や骨折後などにおいて、身体の回復に必要なよりよい寝返りのリハビリを考えてみた


寝る 

もっす、脳卒中リハビリルームです。

がんばらねばと思い思いがんばっていこうと思いながら打ってます。

今回は脳卒中(脳梗塞や脳出血など)後の片麻痺や骨折などの方のよりよい寝返りについてです。


動き出しはどこから?


 あくまでの一例です。

 背臥位から右側へ寝返るとします。

 そのときに目がまず右を向き、そこから頸部の回旋・側屈・屈曲させます。

 それにより体幹の右回旋が起きてきます。左手は体の前側へ。

 そこから主に腸腰筋の働きで股関節の屈曲を起こします。体幹の右回旋が起きているので膝は右側へ向いていきます。

 ハムストリングスや大腿直筋の力は抜くようにします。

 それにより膝は重力によって屈曲します。

 このとき体幹は安定的に、柔軟性を保っていることが大事です。

 これらの動きが起こることで重心が徐々に右側へ移動させることができます。

 右肩、右体幹側面、右下肢側面がベッドに接触したら側臥位になり、寝返り完了です。

 これがよりよい寝返りの一例と考えます。

 寝返りのルールとして以下をあげてみました


・目は移動方向を見る
・テンタクル活動
・支持基底面内で重心が移動する
・体幹など中枢の働きが主になる
・四肢の力は抜けている
・呼吸は止めない

 これらが大事だと考えています。

 これらを踏まえていれば下肢から動いて、上肢からでも、どこからでもいいかと思います。


具体的にはどのようなところへアプローチをすればいいか


 脳卒中による片麻痺でも骨折でも脊柱の柔軟性、それを出すため腹背部の協調的な安定が必要になります。

そのためには、

・深呼吸による腹部の伸長短縮。
 胸式呼吸になりやすいので、腹上部への圧迫と口すぼめ呼吸から腹式呼吸を促していく。

・頸部から骨盤帯の筋膜リリース。
 頚椎上部からの屈曲、胸椎の側屈・回旋、腰椎の屈曲を楽に動かせるようにしてあげる。

・背部が支持基底面としてはたらくためのスポンジなどによる触圧刺激。
 主に肩甲帯や骨盤帯へ。上肢・体幹・下肢の側面なども。体重が身体にのる、重心が移動するということを知ってもらう。

・腸腰筋による股関節の屈曲 下肢の屈曲はどのあたりの筋が働くか知ってもらうことで大腿部から末梢の力の入り具合が変わってくる。

・側臥位時、どこが動くか、ベッドへの接触面はどこかできればイメージができたら。

 これらを踏まえた上で、徒手的に誘導して、自動介助運動で行っていければ寝返りがスムーズに行えるのではないでしょうか。

 
 文章では分からない!と思った方は脳卒中リハビリルームまでお越しください。

 患者さんはもちろんセラピストも歓迎します。

 以上がよりよい寝返りと現時点では考えています。

 これらを行えるようになることで姿勢が変わります。

 姿勢が変われば心も変わっていきます。

 心が変われば発言も変わってきます。

 発言が変われば周囲も変わっていきます。

 自分もみんなも変わっていく、その元が寝返りにはあるかもしれません。


 今回も最後までお読みいただきありがとうございました
 脳卒中リハビリルームでした(○・_ゝ・○)ノ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)
それ以降は2か月16回か2か月8回の選択制
2か月8回78,000円
他メニューあり
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)
2か月16回セッション14万8千円(税抜き)


代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログランキング