FC2ブログ

記事一覧

脳出血のメカニズム~高血圧性脳出血~ 脳卒中リハビリルーム さいたま市浦和区で脳梗塞や脳出血後のリハビリを提供しています

血圧が高いと血管が破れてしまう~高血圧性脳出血~


 こんにちは、脳卒中リハビリルームです。

 今回は脳出血のメカニズムです。

 脳出血がどのような病気を知ることで予防につながるかもしれません。

 それではどうぞ!

 脳出血は脳の中に血液が漏れてしまった状態


 主な出血の原因は、「高血圧」「アミロイド・アンギオパチー(アミロイド血管症)」「動静脈奇形(血管奇形)があります。

 「高血圧性脳出血」

 高血圧が原因で起きます。

 脳出血全体からの割合としては約80%を超えます。

 高血圧による動脈硬化の結果として、穿通枝と呼ばれる細動脈が破れることによって起こります。

 これは血圧が高い状態が続くことによって血管が傷みます。そして傷み続けることで血管が破れてしまいます。

 高血圧による穿通枝からの出血は、脳の比較的深いところに起こることが特徴的です。

 脳の深いところは細い動脈が多く出血しやすい部位です。

 出血個所により、「被殻出血」「視床出血」「小脳出血」「橋出血(脳幹出血)」などの名前がついています。

 この中で最も起こりやすいのが被殻出血です。
脳出血好発部位 

 被殻は大脳基底核の一部であり、この近くには錐体路という神経線維の束があります。

 大脳基底核に出血が起こると、錐体路が傷つき手足の麻痺が起こります。

 出血が大きい場合には錐体路が完全に破壊され半身に強い麻痺が生じます。

脳出血 

 発症時に脳梗塞と比較して頭痛や嘔吐を伴うことが多いですが、必ずしも頭痛などがあるわけではありません。


アミロイド・アンギオパチー

アミロイドたんぱくの蓄積と脳の血管の関係

 最近増えているものとしてアミロイド・アンギオパチー(アミロイド血管症)という病気があります。

 アミロイドとは異常なタンパク質のことです。これが脳内にたまることでアルツハイマー型認知症になることが分かっています。

 このアミロイドが脳の表面にある比較的浅いところにある細い動脈の壁にたまったのが「アミロイド・アンギオパチー(アミロイド血管症)」です。これは血管がぜい弱化する疾患です。沈着が高度になると血管が破れ、脳出血を起こします。

 高齢者に多くみられ、発症頻度は加齢とともに増加し、日本では60代で33%、70代で53%、80代で54%、90歳以上で74%にアミロイドの沈着が認められました。

 高血圧でなくても起こることがあり、高齢者の非高血圧性脳出血の原因として知られています。

 高血圧性脳出血に比べて血が止まりにくく、出血を繰り返すことが特徴です。進行性の認知症を呈することもあります。
 
 アミロイド・アンギオパチーの治療について、アミロイドタンパク質の沈着そのものに対する治療法はなく、脳出血の予防として有効性の確立された治療法はありません。

動静脈奇形


 比較的若い人に起こる脳出血で、脳の血管の奇形が原因で起こるものです。

 臓器をめぐる血管は、血管壁の暑い動脈から毛細血管へ、毛細血管から血管壁の薄い静脈へとつながっています。「動静脈奇形」は毛細血管を介さずに動脈と静脈がつながったもので、奇形部分にはナイダスという拡張・蛇行した血管の塊がみられる先天性疾患です。

 動脈の高い圧力がそのまま血管壁の薄い静脈や正常血管と比べて弱くて破れやすいナイダスにかかるので、血管の壁が壊れて出血しやすく、出血すると重篤な状態になることがあります。

 この奇形は脳の比較的浅い部分に生じやすく、出血は皮質下が多くなります。血管の加齢現象はないので、若い人にも起こります。

 毛細血管系の奇形である「海綿状血管腫」や、静脈系の奇形である「静脈奇形」も出血の原因となることがあります。

その他の脳出血の原因


 脳血管の異常(脳動脈瘤、もやもや病など)や、脳腫瘍からの出血、血が固まりにくくなる血液の病気(血友病や白血病など)や肝臓の病気、心内膜炎などの感染症などがありますが、それほど頻度が高いわけではありません。


 これらが脳出血の原因といわれているものです。

 予防のしようもないのも含まれていますが、高血圧は予防が可能です。

 普段の生活を見直して、よりより生活習慣としていくことが身体を健康に保つ秘訣となります。

 次回はクモ膜下出血についてを予定しています。

 最後までお読みいただきありがとうございました。
 脳卒中リハビリルームでした♪(/・ω・)/ ♪






 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)2回まで
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です



代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング