FC2ブログ

記事一覧

脳梗塞・脳出血などと褥瘡の関係② 脳卒中リハビリルームさいたま市浦和区で脳梗塞・脳出血など脳卒中後遺症のリハビリを行っています

脳卒中後でも脊損後でも褥瘡は大変だよとというお話


こんにちは!脳卒中リハビリルームです。

今回は褥瘡についてパート2をお送りします。

前回はこちらから

それでは褥瘡の程度と分類からみていきます。

褥瘡の程度と分類


分類としては深達度分類経過による分類があり、DESIGN-R®が用いられることが多いようです。

これは褥瘡の重症度を分類するとともに、治癒過程を数量化することができるものです。

詳しくは下記をご参照ください。

病理学的な視点からは、

病理組織学的分類  色による分類
炎症期        赤(紫)
浸出期        黄
肉芽形成期      赤
表皮形成期      白(ピンク)

色による分類は治療方針を決定するのに有用とされています。

褥瘡の治療について


治療には、体圧の分散、栄養管理、局所のケアなどがあります。

1つずつ見ていってみましょう。

体圧の分散

目的は、同一部位に体の重さが集中しないことで、寝具と体の接触面積を増やすことです。

また、圧力が加わる部位を時間で移動させることです。

これは病院では2時間ごとに体位変換をし、発赤がないかなど確認します。

在宅の場合では、体圧分散寝具や自動で寝返りをさせる電動ベッドなどを使用します。
どのような寝具を利用するかは慎重に検討をする必要があります。
急性期の脳梗塞や脳卒中などの脳血管障害で麻痺のある場合は麻痺側を体の下に長時間しないように注意をしていく必要があります。

体位変換は座位においても必要です。

動ける方は15分おきに座りなおすことがいいと言われています。

自分で行えない方は1時間を目安に行います。

座るときのクッションなども検討する必要があります。

栄養管理


褥瘡があると出血や浸出液の漏出により低たんぱくやヘモグロビンの低下になりやすいです。

アルブミン値を3.0g/dl以上保たなければ治癒は難しいので、たんぱく質の摂取が重要になります。

また、亜鉛、銅、ビタミンA,Cは線維芽細胞がコラーゲンをつくるときに必要と言われていることから重要な栄養素になります。

褥瘡が悪化するケースでは低ナトリウム血症が認められることがあるので電解質の補正も重要です。

摂取エネルギーとしては25-30kcal/kg/日を目安とします。

局所のケア


1)創面の清浄化
①壊死組織の除去
②消毒・洗浄

2)浅い褥瘡
Ⅰ度の発赤レベルでは経過をみていきます。

排泄物の影響を受ける場合は撥水剤を使用します。

Ⅱ度で水泡の場合はポリウレタンフィルムで保護します。

3)深い褥瘡
黒色期、黄色期、赤色期、白色期に分けてそれぞれ処置をしていきます。

黒色期では外科的デブリドマンが推奨されます。

黄色期では壊死の除去が中心となります。

赤色期では洗浄が中心となり、生理的食塩水や微温湯などを使用します。

白色期では創面の湿潤環境を保持する治療を行います。

感染創、深部に膿が貯留している場合は速やかに切開排膿します。

ポケットを有する創は十分な洗浄を行い、壊死や不良肉芽あるときは切開・開放をします。



今回は以上となります。
褥瘡ができると大変不便です。
褥瘡にならないためにも予防が必要です。
次回は褥瘡の予防についてになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
脳卒中リハビリルームでした(○´・Д・`)ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)2回まで
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です



代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング