FC2ブログ

記事一覧

失語症に対しての認知神経リハビリテーション 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

「靴に手を入れる人」(片麻痺など運動麻痺はほとんどないのに)「右麻痺だけど洋服を着ることができない」(着衣失行は左麻痺の特徴のはず)「相手をまねることができない(模倣が困難)」(見えているのに分からない?)「相手の表情が分からない」(目は見えているはずなのに)「コマ撮りされば歩行の写真の順番を並べることができない」脳梗塞や脳出血など脳卒中になると後遺症が様々な形で現れます。上記はその一例です。このような方た...

続きを読む

失語症と認知神経リハビリテーション 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

先日、認知神経学会アドバンスコースに参加してきました。言語聴覚士向けのコースは「リハビリテーションの春」と題して宮本先生が講義をされました。内容を抜粋しておきます。勉強したい方はググってみてください。・言語の再教育と運動の再教育は類似点がある。・アノーキンの機能システム・ウィトゲンシュタイン・ソシュール・モリス 統辞論 意味論 実用論・オースチン 発語行為 発語内行為 発語媒介行為・ヤコブソンーテ...

続きを読む

作業管理と認知神経リハビリテーション学会のコース 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

12月2、3日に九段下にあるイタリア文化会館で認知神経リハビリテーション学会アドバンスコースに参加してきました。最近、作業管理の重要性を学んでいるので、それを踏まえてコースの設定がどうなのかを検討しました。まず時間。一コマが90分から120分弱。作業時間と休憩の観点からは、30分に5分休憩60分に10分休憩あたりがよいとされています。高校の授業時間と同じぐらいでしょうか。そこからみると一コマが長いです。コース中...

続きを読む

杖の周辺商品の紹介 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血などのリハビリに特化したさいたま市浦和区の脳卒中専門リハビリ施設

前回は杖についてでした。今回は杖周辺の事情になります。まずご紹介するのはARUKUTOMO/アルクトモみなさん杖を落としたら拾うのって大変だと思ったことはありませんか。でも、もう大丈夫!これがあれば床に落ちることがなくなります。こちらの商品は杖用のショルダーベルトになります。 こちらのホームページで開発までのストーリーがお読みいただけます。https://www.makuake.com/project/arukutomo/お次はホルダー。テーブ...

続きを読む

さまざまな杖のご紹介 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血のリハビリに特化したさいたま市浦和区の脳卒中専門リハビリ施設

杖シリーズ第三回!脳卒中(脳梗塞・脳出血など)による片麻痺や、転倒による足の骨折などで杖を使用することがあります。その時、心がわくわくするような杖があったら外出やリハビリにも張りが出ると思いませんか。今回は様々な杖のご紹介。まずはBONLAB(ボンラボ)のウォーキングステッキ。 すでに立ち姿がカッコいい!持ち手部分が掌の曲線に沿っているかのようなフィット感。杖を握るから乗せるへ、ホームページでもうたって...

続きを読む

杖の使い方 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

前回は杖の長さでした。今回は杖の使い方。よりよい杖の使い方として、・杖を垂直に着き、真下に体重をかける気持ち。杖を垂直に接地させることで体重がのせやすくなります。杖は体重の1/10程度の負荷がいいかもしれません。40㎏の体重であれば4㎏程度、30㎏の体重であれば3㎏程度となります。これは体重計を杖で押してみると計ることができます。いつもどの程度杖に体重を乗せているのかきにしてみるのはいかがでしょうか。杖に負...

続きを読む

その杖はあなたに合っていますか 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

街中で杖の長さが合っていないなぁ、と感じることがあります。あなたの杖の長さはどうですか。一般的には、・持ち手の斜め前20㎝のところに着き、肘が30程度曲がるところ。・身長×0.5+2~3㎝・立った時の手首の高さなどなど言われています。最初に杖のサイズを合わせる時はこのようなものを目安にするのがいいと思います。そこから、日常的に使用する時に自分が心地よいと思った長さにするのが肝心です!入院患者でも長さの合っ...

続きを読む

そこに成果目標はありますか それは全体にしられていますか 脳卒中リハビリルーム 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区の保険外リハビリサービス

以前の職場では半期に一度、自己の計画を立てるというものがあった。身だしなみだあったり、話し方であったり、臨床のことであったり、チームのことなどなどのチェック項目があり、そこから目標を立てるというものだ。今はどこの病院でもあるかもしれない。私はこれが苦手だった。なぜ苦手だったのか。それを今考えてみると、病院に理念はあっても、それを具体化したものがリハビリ科にはなかったからかもしれない。リハビリ科が何...

続きを読む

高次脳機能障害と適応について 脳卒中リハビリルーム 体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血など脳卒中に特化したさいたま市浦和区にある保険外リハビリ施設

高次脳機能障害とは、主に脳の損傷によって起こされる様々な神経心理学的障害である。主として病理学的な観点よりも厚生労働省による行政上の疾患区分[1][2]として導入された概念であり、異なった原因による複数の疾患が含まれる。 wikipediaよりなぜ起こるかはまだまだ分からないことが多く、研究が進められています。今日の疑問点は発症直後はみられなくても、徐々に出現することがある、ということが何を意味するのか。ここで重...

続きを読む

グループとチーム あなたの職場はどちらですか 脳卒中リハビリルーム 身体が変われば世界が変わる 脳梗塞・脳出血に特化したさいたま市浦和区保険外リハビリ施設

グループとチームの違いは分かりますか。 一般的にグループとは、共通する性質によってまとめられた集団を指します。または仲間や集団などになります。一方チームとは、共通の目的や達成すべき目標のために協力して行動する集団と言われています。目的がなく、適度にまとまっている、一緒に行動を送る上ではグループのほうが適している。目的を達成するために集めら、それぞれに個性があり役割がきまっているものがチームとい...

続きを読む

お問い合わせ・アクセス

相談・カウンセリング:無料
体験セッション5千円(税抜)(40-60分程度)2回まで
訪問リハや営業時間についてはお問い合わせください
HP:http://nounoreha.com/
最寄り駅:南浦和駅:徒歩8分
     浦和駅 :徒歩12分
駐車場はありません。近くのパーキングをご案内します。 

プロフィール

脳卒中リハビリルーム

Author:脳卒中リハビリルーム
身体が変われば心が変わり、そして世界の見え方が変わっていきます。自分のやりたいことを自分で実行ができるようになりたくないですか。脳梗塞・脳出血などの後遺症に対して、学びのあるリハビリによって何年経っていても身体は確実に変わります。歩きづらさや手足の動き、痛みやしびれなど脳卒中の後遺症に対して自分の身体を知ることが解決の糸口となります。
さいたま市浦和区で理学療法士が保険外でリハビリを提供しています、脳出血リハビリルームと申します。
当施設でのリハビリは痛い・辛いということはなく、楽しく・笑顔で行えることを大事にしています。
現状を変えたい!と思ったらメールまたはお電話をお願いします。
当施設で相談、カウンセリングを受けてみませんか。
骨折後など病院退院後のリハビリにも対応いたします。
ホームページ:http://nounoreha.com/

アドレス:nounoreha@gmail.com

電話:048-881-9393

住所:さいたま市浦和区東岸町15-5

定休日:水曜日 勉強会により不定期に休みあり

お電話での受け付けは10-17時になります。留守番電話の時には申し訳ありませんがお名前、電話番号をお願いできますか。折り返しご連絡いたします。

相談・カウンセリング:無料 
体験セッション5千円(税抜き)(40-60分程度)2回まで体験可能です



代表:武藤克俊
当施設では認知神経リハビリテーションの考え方で行っています。

詳しくは認知神経リハビリテーション学会のホームページをご参照いただければ幸いです。

https://ctejapan.com/ncr/ncr.html

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログランキング